墓地

後悔する前にしっておきたい墓地を探すうえでのポイント

墓地選びで見落としがちな区画の特徴と選び方

自身の人生の終わりについて考え行動をする終活の一つに墓地選びがあります。この墓地選びには様々なポイントがありますが、意外と見落としがちとなるのが区画についての検討です。区画とはお墓を建てるために必要となるスペースのことを言います。家を建てるために事前に土地の購入が必要となるのと同じで、墓地も先に区画を購入しなくてはいけません。
区画にはいくつかの種類があって、比較的多くの人が選択するのが一般区画と呼ばれるタイプです。こちらは区画の外周に柵などを設けて他との境界線をハッキリさせることができるのが特徴です。価格も手ごろで購入しやすい反面、区画自体が隣接した状態にあるため、区画内に植えてある植物などで隣のスペースを侵害しないようにマメに訪れて手入れをする必要があります。
周囲を気にせずスペースを広く持ちたいという場合に最適となるのがゆとり区画です。ゆとり区画とは文字通り隣のお墓との間にスペースを設けることで開放感を得ることができるのがポイントになります。ただし、空いている部分も永代使用料に含まれることで値段が高くなってしまうので注意が必要です。お墓を購入する時は、手間や管理に掛かる費用も考慮して、専門業者に相談をして適切なアドバイスを受けながら決めることが大切になります。

お墓はどんな墓地に立てるべきか

終活という言葉があります。最近はこの言葉も良く知られたものとなり、生きている内に墓石を家族と見に行く人は結構いますが墓地を探す人は少ないです。墓石なら色々とお店があり簡単に相談しやすい印象もありますが、墓石を置く場所を自分で決めるのも重要です。ドラマや映画だと海が見える崖といった所にお墓を作るシーンがありますが、実際にはそんな所に建てたらお墓参りに行く家族に負担がかかります。
誰にもお墓参りをしてもらえないようなお墓に意味はあるのでしょうか。出来る事なら頻繁に家族がお墓参りに来てくれる場所にお墓を買うべきです。田舎だと自宅の近くに小さな墓地用の土地を買い墓石を建て歩いてお墓参りを出来るようにしてる人もいます。しかし都会だと中々そうはいきません。そもそも小さい土地だとしても空いていなかったり高額だったりします。ではどうするのが一番良いかというと、お墓といえども土地を購入する事に変わりはないので、まずは専門業者に相談する事をオススメします。
家族が年を取って足が不自由になってもお墓参りが出来るように、バリアフリーの設備が整っている場所が良いといった要望や水場から近い場所に墓石を置けるか等、お墓に来る人達の事を考えて墓地を選ぶことをオススメします。

墓地探しのアドバイスが欲しいなら専門業者に相談してみよう

ご先祖のお墓参りに行ったことがあっても、いざ墓地を探すことになると、どう選んでいいのか分からない方が多いでしょう。終活プランの一環として、生前から墓地を探される方が増えています。またご家族が亡くなり、新しい墓地を検討されている方もいらっしゃるでしょう。近くの墓地を見ても規模や設備が違いますし、空きが見当たらないケースも多々あります。そもそも近くにどんな墓地があるのかさえ、分からない状態でしょう。
墓地はタイプや場所や環境によって費用が大きく異なり、それを知れば益々どう選んでいいか分からなくなるかもしれません。誰かにアドバイスしてもらえたら、と思ったら専門業者に相談する方法がおすすめです。墓地を紹介する専門業者があり、墓地のタイプや相場などにも精通しています。お住まいエリアの墓地についても、希望条件に合わせて候補となるところを紹介してくれます。
お墓選びのプロとも言える存在ですから、その情報は非常に参考になるでしょう。お墓のタイプや相場などの基本的な知識が分かれば、どんな墓地が適切なのか自分でも判断しやすくなります。主に費用面や立地環境や施設内の設備などが選ぶ際のポイントになりますが、お墓参りをする方の通いやすさも考慮して選んでいきましょう。

墓地の道

topics

post list